Entry: main  << >>
渡部昇一先生
0

     昨年の今頃、致知出版社開催の渡部昇一先生特別講演に

    参加したときの先生は、転んで腕を骨折し痛々しいご様子

    であった。そのことが原因か、その後体調を崩し残念なが

    ら4月17日にご逝去されたことを、致知6月号で知った。

     講演の先生は、とても86歳とは思えぬ若々しい歯切れ

    の口調と、泉のように湧きでる豊富な知識に感銘を受ける。

     講演内容は、「運命と運」のお話であったが、今思えば

    先生のご講演を拝聴できたことの運に感謝したい。

       ご冥福をお祈り申し上げます。

     

     致知出版「渡部昇一 一日一言」より

     −6月9日 貸しをつくる−

      

       同僚が困っている時に助けてやるとか、

      上司に叱られた同僚がいたら、彼にかわって

      上司に弁解してやる、といったような貸しが

      組織の中に必要です。そして、そのような貸

      しが多い人ほど、人望が出ます。

       ただその場合、いくら貸しをつくっても、

      代償を求めない貸しでなければいけない。

      取り立てるという意識なしの貸しです。返し

      たければ返せばいい、というような感じです。

      そして代償を求めない貸しを、どんどんつく

      っていく。

      渡部昇一 一日一言

     

     

      

     

     

     

    | a11842 | 12:05 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    Comment








    Trackback

    Calendar

          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << August 2020 >>

    Profile

    Search

    Entry

    Archives

    Category

    Link

    Feed

    Others

    無料ブログ作成サービス JUGEM

    Mobile

    qrcode